初めての方のためのキャッシング講座

キャッシングとは、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りられるもので、個人向けの無担保・無保証人のローンのことを言います。銀行やコンビニのATMを利用して好きな時に何度でも限度額の範囲内でお金を借りたり返したりできるのでとても便利です。

お金を借りるためには審査に通る必要があり、年収や信用情報などに基づいて借入の可否や限度額の上限が決められます。最近ではいろいろなお金の借り方が出てきているので、状況や返済計画に応じて自分に合ったキャッシング方法を選ぶようにしましょう。

キャッシングの種類

キャッシングには主に3つ方法があり、以前からある「消費者金融」をはじめ信販会社が発行する「クレジットカードのキャッシング機能」、そして大手銀行や地方銀行が発行する「銀行系カードローン」があります。それぞれ以下のように特徴が異なるため、目的に応じたサービスを選ぶことが大切です。

キャッシングの種類 金利 審査スピード サービス
消費者金融
銀行系カードローン
信販系クレジットカード

消費者金融は審査スピードが非常に早いところが多く、「今日中にお金を借りたい」「明日までにお金を用意したい」という方におすすめのサービスです。また初めての方を対象に最大で1ヶ月間金利が無利息になるサービスを提供しているところもあるので、短期間で返済できる場合は消費者金融がおすすめです。

銀行系のカードローンは低金利でキャッシングできるというのが大きな魅力で、限度額も高めに設定できるので長期間お金を借りたいという方におすすめのサービスです。また最近では最短30分で審査可能などスピードも早くなってきているので、今すぐお金が必要という方にもメリットが高い方法です。

信販会社が発行するクレジットカードにキャッシング機能をつけることでお金を借りることもできます。中には返済金額に対してポイントがつくところもありますが、消費者金融とクレジットカードは総量規制(年収の三分の1まで)の対象となっています。

キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングは申込みがとても簡単で種類によってはすぐにお金が借りられるというメリットがあります。また使用目的が決められていないので自由にお金を使えることができ、無担保で保証人無しで大丈夫なので誰にも迷惑をかけることはありません。またコンビニのATMで24時間365日利用できるカードローンもあるので、お金が必要になった時にすぐ利用できるという点も大きなメリットです。ネット完結で申込みから借り入れまでできるキャッシングサービスでは、家族や会社にバレる心配も無いので安心です。

キャッシングのメリットとデメリット

反対に返済する際に金利に基づく利息がかかってしまったり、便利な反面としてお金を借りている感覚が希薄化してしまうというデメリットもあります。また住宅ローンなど他の借入の審査に影響することもあるので注意しておきましょう。

キャッシングの申込方法と審査

申込みの流れ

カードローンでキャッシングを行うためには、申込みを行いたい金融機関のHPから申込みボタンをクリックします。後ほど本人確認のための運転免許証や給与明細などの所得証明書を映した写真を送信する必要があるので、スマホやPCから申込みを行うとスムーズに進みます。利息や返済方法などの貸付条件を理解した上で規約に同意し、氏名や年齢、職業などの個人情報を入力していきます。

順番 申込内容
申込みしたいカードローンの公式HPへ行き、申込みボタンをクリック
貸付条件、利息、規約などを確認した上で、個人情報を不備なく入力する
本人確認書類、収入証明書を提出する(スマホ撮影でも大丈夫です)
審査開始(最速で30分で終了)、審査の結果が連絡先に通知される
無人契約機または郵送でローン専用カードを受け取りお金の借り入れ

審査について

その後、申込みを行った金融機関による審査が行われます。審査では「職業」「勤続年数」といった支払い能力が判断されたり、「信用情報」から過去のローンに関する支払い履歴を参考にして貸し出し可能かどうか決まります。審査基準は各会社によって異なりますが、申込み内容に不備があると審査に通りにくくなるので注意が必要です。

審査のポイント

また他社からの借入があったり、借入をしていなくてもキャッシング機能付きのクレジットカードをたくさん持っていると総量規制の関係から審査にひっかかることもあります。同様に同時にたくさんのカードローンに申込みをすると審査に通らないこともあるので、自分に合ったカードローンを希望する順位1つ1つ申込んでいくことが大切です。カードローンの種類の中では「消費者金融」の審査通過率が高めになっているので、プロミスやアコムといったところから申込みされることをおすすめします。

キャッシングの金利と返済方法

金利と利息について

キャッシングで借りたお金に対しては金利や手数料といった利息がつきますが、1年間借りた場合の金利を「実質年利」といいます。例えば10万円を実質年利18%の消費者金融で借りた場合、10万円の18%である1万8千円が金利として付きます。借りた金額が大きくなったり、借りている期間が長くなると利息が増えてしまうのでしっかりと返済計画を立ててローンを利用しましょう。

項目 消費者金融 銀行系カードローン おまとめローン
借入額 10万円 10万円 20万円
金利
(実質年利)
18% 15% 12%
利息
(1年間)
18,000円 15,000円 24,000円

返済する方法

カードローンの返済方法には「銀行口座で引き落とし」「ATMでの返済」「店頭窓口での支払い」があり、毎月決まった指定日までに利子と元本を併せて返済することになります。また余裕があるときにまとまって返済できる「臨時返済(ある時払い)」ができるカードローンもあるので、自分に合った返済方法ができるところ選ぶようにしましょう。

また金利が高くて返済にお困りの方には「おまとめローン」がおすすめです。複数の借り入れを1つにまとめることができ、また金利も低めに設定されているので毎月の返済額を減らすことも可能です。借り換えやおまとめローンを利用するためには再度審査が必要ですが、総量規制の対象外となっているため年収の3分の1を超える借入も可能となっています。便利でオトクな返済方法を上手く活用されることをおすすめします。


新着記事

サイト情報

このエントリーをはてなブックマークに追加